ドキュメンタリー『HUMAN』が無料ウェブ公開!

地球の美しさを航空写真で撮影する世界的写真家のヤン・アルテュス=ベルトランが、ドキュメンタリー『HOME 空から見た地球』に続いて人類に焦点を当てたドキュメンタリー『HUMAN』を完成させました。世界60ヶ国2,000人の男女を3年かけて取材した美しい映像をご覧いただけます。

366日空の旅―かけがえのない地球

HOME 空から見た地球 [DVD]

気候変動危機を訴えるために、NY国連本部にメッセージ映像が投影!

気候変動危機を訴えるために、NY国連本部の壁面にメッセージ映像がプロジェクションされました。


illUmiNations: Protecting our Planet

この映像を仕掛けたのはCOVEで有名な監督の作品『RACING EXTINCITON』のチームのようです。

『RACING EXTINCITON』は現在のところ、残念ながら日本未公開です。

レオナルド・デカプリオ財団提供「Green World Rising」シリーズを公開

グリーン・ワールド・ライジング(Green World Rising)は、気候変動の危機を明らかにすると共に解決方法を提示する短編映画シリーズです。本シリーズはレオナルド・デカプリオ財団(the Leonardo DiCaprio Foundation)が提供し、トゥリーメディア(TreeMedia)が製作しました。一部作品は、レオナルド・デカプリオがナレーションを担当しています。ユナイテッドピープルが日本語字幕を製作し、YouTubeに無料公開しました。


『ラスト・アワーズ』は北極の氷が溶けることで放出されるメタンガスが、劇的な気候変動を引き起こすことを警告する。


『二酸化炭素』は二酸化炭素に課税することで地中に二酸化炭素を留めておけることを示­します。


『緑の世界の夜明け』は再生可能エネルギーのテクノロジーが中央集権的なエネルギーか­ら分散型エネルギーグリッドに社会が移行していることを示します。


『自然への回帰』は地球のエコシステムが以下に気候と関連しているのかを伝えながら、­自然から学び、この危機を転換できることを示します。

Green World Rising

日本語字幕:ユナイテッドピープル

インドネシア・バリ島 ゴミまみれのサーフィン

2

1

3

数年でサーフィンが出来なくなるだろう

前代未聞の汚さだ

インドネシアのバリ島は小さい島ですが大きな問題を抱えています。ゴミに埋もれているのです。
このショートフィルムでは、ホストでプロサーファーのカイル ・ ティアマンがかつては名実ともにインドネシアのトロピカル・パラダイスだったこの島の悪い点やいい取り組みを紹介し、私たちに何が出来るかお伝えします。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

日本の貧困 – ネットカフェ難民に迫る

すぐそこにある貧困の問題

日本国内の格差はますます拡大している。厚労省の最近の調査では、等価可処分所得の中央値の半分(2012年の調査で122万円)に満たない世帯が16%にもなっており、これはOECD加盟34か国のなかで4番目に多いという。

そんな日本の貧困拡大を象徴するのが1つの現象が「ネットカフェ難民」と呼ばれる人々の出現だろう。
難民と聞くと、シリアやアフリカ諸国など内戦や人権侵害などによって国外脱出を余儀なくされた人々を思い浮かべるが、「ネットカフェ難民」は貧困と貧弱なセーフティネットが生んだ住む場所が持てない人々だ。

そんな「ネットカフェ難民」を取り上げたのが今回のドキュメンタリー動画。

ネットカフェ難民―ドキュメント「最底辺生活」 (幻冬舎新書)

人が生み出した武器・兵器の歴史

原始時代から現代まで、人間は世界中でありとあらゆる武器・兵器を生み出してきた。100万年前から使われている斧のようなものから、核兵器、現代のドローン(無人航空機)まで、サバイバルの必要性から作られたものもあるが、多くは人間同士の争いに使用されてきた。

そんな人が手にしてきた武器・兵器の歴史をアニメーションで描いたのが米誌The Atlanticが公開した今回の動画。
もちろん、これは一部にしか過ぎないのだろうが、あまりの数に見ている途中でも「もう十分」という気持ちになるかもしれない。

武器ビジネス 上: マネーと戦争の「最前線」

Everything is Gay

2015年6月26日に米連邦最高裁判所が同性婚を認める判断を下したこともあり、オンラインではLGBT関連動画が増加している。
今回の紹介するのはそんな動画の1つ。

ブラジルのLGBTフェスティバル「Mix Brazil」のキャンペーン動画として作られたこの動画では、ゲイに関するステレオタイプ(「オシャレなら、ゲイ」、「アートが好きなら、ゲイ」、「フランス語をしゃべるなら、ゲイ」のように)が次々に挙げられていき、最後は誰もが耳にしたことがあるであろう「O Fortuna(おお、運命の女神よ)」のメロディーに乗せて「ゲイ、ゲイ、ゲイ」の大合唱となる。

コメディチックながら「ゲイも普通の人も同じ」という強いメッセージが込められた動画。

LGBTってなんだろう?–からだの性・こころの性・好きになる性